医療法人 至捷会

コンセプト

我々、木村病院グループは地域の方々が安心して充実した医療を受けていただけることを常に願いながら行動しております。

 昭和55年に木村病院を開業以来、初代理事長 木村捷一を中心に、地域の中核病院として、救急医療をはじめ、産業医、学校医、地域の健康管理、介護と幅広い活動を展開してきました。現在、高齢化社会や医療の進歩に伴い、地域の中核病院の役割はさらなる変化が必要となっています。我々のグループは以下のことを心情に医療に従事しております。

理事長 木村 洋平

【高齢化に対応した連携のある医療】
 我が国の著しい高齢化に伴い、医療、介護、福祉は密に連携していかなければならない時代に入っております。我々は、病院、介護施設の連携を強めることで、高齢者の方々に充実した医療や介護を受けていただき、安心で幸福な生活を送っていただくよう精進してまいります。

【特定の疾患に対する専門病院、さらに専門施設と連携をとった“ハブ”病院】
 近年、医療技術、医療知識は目覚ましい発展を遂げており、各疾患において専門のスペシャリストが存在し、より高度で専門的な医療を受けることができるようになりました。しかし、提供の場は特定の病院に限られているのが現状です。
 当病院は、各分野における専門医が常勤スタッフとして従事しており、平成24年の病院新築移転とともに最新の医療機器を設備することで、最良の医療を提供できる体制を確立しております。また、その他の専門的な疾患については検査、診断を行い、その疾患に対し適正な専門病院へ患者様を紹介する、いわゆる“ハブ”病院としての役割も担っております。

 私達の理念は“心医体”。以上の信念と真を込め、最良の療を行えるよう技術を磨き、職員一となり地域の皆様の心身の健康を見守り、全力で支援してまいります。